不動産購入の流れ

1.資金計画を立てる

お住まいのご購入には、物件の価格に加えて税金などさまざまな費用がかかります。

売買価格の6%~8%が目安と言われております。

しっかりとした資金計画を立てなければ、せっかく苦労して気に入った物件を見つけても購入することが出来ません。

安心・安全な物件探しの 第1歩 は資金計画から始まります。

一緒にしっかりとした資金計画を立て物件探しに望みましょう!!

 

2.情報収集・物件を探す

物件探しは、情報が全てです。出来るだけ多くの情報を集めることが重要です。

新聞の不動産広告、折込チラシ、住宅情報誌、インターネットなどさまざまな情報サイトから情報収集することにより、

より良い優良物件を探しましょう!!

ただし、情報収集だけに熱中しすぎてしまうと、せっかくの優良物件を逃してしまうこともあります。

希望条件(場所・駅・間取り・価格・駐車場などなど)の優先順位をつけておくことにより優良物件の見逃しを防ぎましょう!!

また、売主様の都合により情報誌などに広告が出ないことがあります。

そのために地域密着型の当スタッフが、より多くの情報をご提供させて頂きます。

 

3.現地見学・周辺環境を確認する

物件探しが終わり、収集した情報を検討して気になった物件を必ず確認しに行きましょう!!

現地を確認することにより、物件資料だけでは分からなかった

建物の状態や周辺の環境、お客様の五感により知りえることが出来ます。

さらに、目には見えない情報やご不明なことがあれば気軽にご質問下さい。

 

4.購入契約の手続きをする

物件を実際に見て、ご購入希望の物件が決まりましたら、仲介業者に購入の申込をします。

そして売主様に対し『不動産購入申込書』を提出します。

不動産購入申込書は売主様に対し購入意欲の表示になりますので大変重要です。

そして、住宅ローンの事前審査を行ったり、代金の支払い方法や物件の引渡し時期、付帯設備の確認など

契約のための条件を調整します。

そして、準備が整いましたら宅地建物取引主任者より重要事項説明を経て、不動産売買契約を結びます。

不動産の契約には法律的なことなど難しい内容があります。

分からない場合はお気軽にご質問下さい。

 

5.住宅ローンの申込みをする

不動産売買契約を締結しましたら、金融機関へ住宅ローンの本申込を行います。

住宅ローンには、大きく分けて『公的融資』と『民間融資』の2つに分けられます。

どちらを利用するかは、利用者の資格条件や取得する物件によって決まります。

 

■公的融資

 

《住宅金融公庫融資》

購入する住宅が所在する都道府県内の「住宅金融公庫業務取扱店」と表示された金融機関で手続きをします。

抵当権設定時の登録免許税が免除になるなど利点が多いのですが、

金利に保険料が含まれなかったり、つなぎ融資が必要な場合があるなど不利な点もあります。

 

《財形住宅融資》

勤務先で財形貯蓄をしている人を対象とした住宅ローンです。

 

■民間融資

銀行融資・信用金庫・信用組合・信託銀行・ノンバンク等があります。

それぞれの規定に基づいて行う住宅ローンで、金利や融資限度額、返済方法なども

各金融機関によって異なりますが、融資条件は一般的に公的融資よりも緩やかです。

 

《新型住宅ローン(フラット35)》

住宅金融公庫と民間金融機関が共同で提供する35年固定型住宅ローンです。

また、保証料や繰上返済手数料も無料になります。

 

 

ローンのシミュレーションは こちら から

 

 

残代金の受領・物件の引渡し

入居後のトラブルを未然に防ぐため、売主・買主双方で、物件の状態についての最終確認を行います。

付帯設備表の内容との一致の確認や、物件情報報告書の記載内容との一致の確認

(雨漏り・シロアリの害・建物の構造上収容な部位の木部腐食・給排水設備などの故障)や

隣地との境界の明示、電気・ガス・水道の使用方法、故障時の引継ぎなどです。

 

住宅ローンの本審査も通過し、住宅ローンの実行が可能になれば、残代金の支払いを行います。

同時に、司法書士の先生に所有権移転等の登記手続きをとって物件の引渡しを行います。

 

もっと詳しく!!

 

■残代金支払いの流れ

(1)登記申請書類の確認・・・・・所有権移転登記の申請を行います。登記を代行する司法書士に必要書類を渡し登記申請依頼をする。

(2)残代金の支払い・・・・・・・・・手付金と内金を差し引いた売買代金の残額を支払います。

(3)固定資産税などの清算・・・登記費用を支払い、固定資産税(登記日からの日割清算)などを精算します。

(4)関係書類の受け取り・・・・・管理規約・パンフレット・付帯設備の保証書・取扱説明書などを受け取ります。

(5)カギの引渡し・・・・・・・・・・・お住まいのカギを受け取り、その確認として「不動産引渡確認証」を発行します。

(6)諸経費の支払い・・・・・・・・仲介手数料などの諸費用を支払います。

 

■残代金支払い時に準備するもの

・残代金 ・住民票 ・仲介手数料 ・印鑑(実印)・登記費用(登録免許税および司法書士への報酬)  

・印鑑証明書(抵当権設定時のみ必要となります。)・固定資産税/都市計画税、管理費などの精算金 などです。

 

状況に合わせて書類が追加になる場合があります。仲介業者に随時確認してください。

 

引越し・入居する

お引越しでは、住民票の移転届けや学校への転校届け、

電気・ガス・水道・電話の移転手続き、金融機関・保険会社への住所変更と届け、

さらには、荷物の整理・梱包・粗大ゴミの処分・冷蔵庫内の食品の処分・ご近所様へのご挨拶など

やらなければならないことがたくさんあります。

どこで何をしなければならないか、誰に何をしなければならないかなど、あらかじめ計画を立てて準備しておきましょう!!

 

また、中古物件をご購入されたお客様はお住まいのリフォームの準備も忘れないように

前もって見積もりや予算を立てておくと良いでしょう!!

当社には、引越し業者からインターネット、リフォーム業者を業務提携をしております。

特別価格にてご提供できるよう日々努力しております。

 

お気軽にご相談下さい。